「スイッチを押すとき」回りはみんな20代
d0074624_1925327.jpg

50にもう手が届く僕以外はみんな20代
相葉君に至っては18歳だから親子ほどの年齢差がある

今日はスイッチ組のお父さんの僕の目線でキャストの人となりを紹介してみたい

まずは31年下の相葉君
稽古が始まった頃は仕事がかなり忙しかったようでつらそうだったけど
ストレッチしたりダンスの振り(多分他の芝居のもの)を確認したり
若いっていうのは体力があるからいいねぇ
それから彼はバランス感覚も良いねぇ
ダンスがバリバリに踊れるのは周知の事だがその素軽さと共にバランス感覚が優れている
それがどういう話しかをここで説明出来ないのが残念でならない
これは果たして舞台で披露するのだろうか…



永山君は舞台キャリアがあるから本読みから立ち稽古とすごく自然に役に入っていく
他のみんなもそうなのだが演技がナチュラルであれだけの量のセリフを苦もなく入れて来る
セリフ覚えが悪くすぐに肩に力の入る僕は稽古初日からすっかり感心している

よくメールをくれるし
ニコニコしながら息子(一歳9ヶ月)の話しを聞いてくれる
僕が稽古場に家内が作った弁当を持って行くと目尻を下げながら羨ましいがる

彼は結婚したら間違いなく家族や子供を大事にする良いパパになるんだろうなぁ


大佐は(なぜかみんながそう呼んでいる)
いや菅原君は若いけど既に渋みがある
暮らすなら都会よりも海の近くが良いと稽古場までかなりの時間をかけてやって来る
のんびり散歩をするのが一番のリラックス法らしい
立ち居振る舞いに落ち着きがあって包容力に溢れている

僕の友人(高校生と中学生の娘が居る)は彼氏を連れて来るなら菅原君のような人なら交際を許しても良いと訳の分からないことを言っている



MITSU君は歌が上手い
D☆Dでヴォーカルをやっているのだから当たり前なのだが
稽古場で小さな声で歌う唄がこれまた良いのだ

一人ボケ突っ込みから恋する十七歳と今回多彩な才能を発揮している
今回の作品の中で一番子供っぽくて熱い多感な役
適材適所という表現がぴったりである


肘井さんの集中力は素晴らしい
演技をする者にとって大切な資質を彼女は持っている
稽古がスタートして間もない頃にお互いを良く知りあうため
また役者としての自分を解放するためにエチュードをやったのだが
その集中力の素晴らしさに皆舌を巻いた
間違いなく彼女は女優としてどんどん輝いていくだろう



僕は三十年近く芝居をやっているのだが
みんなの持っているポテンシャルの高さに驚かされる
僕が彼等と同じ年齢の頃に果たして同じような表現が出来たであろうか

初日まであと16日
父ちゃんはますます頑張らねばならないのだ

田上
[PR]
by switch_2006 | 2006-06-26 19:25 | 出演者ブログ
<< 稽古場でっけーよ。 スイッチーズ 2 >>